その他の入浴剤

クラシエ旅の宿

[口コミ]クラシエ「旅の宿」でご当地温泉巡り!ゆったりバスタイムでおうち時間を満喫しよう!

健康のためリフレッシュのためなど、「温泉」は古今東西老若男女に大人気。温泉地に向かうまでの旅路も素晴らしいものですが、やはり温泉の醍醐味は入湯です。「ああ、いい湯だな」と自然にため息がこぼれるような湯に出会えると最高ですよね。

今回は、そんな温泉気分を自宅で手軽に味わえるクラシエの入浴剤「旅の宿」をご紹介します。

そもそも「温泉」ってなに?

日本人はこぞって温泉旅行に行きますが、そもそも「温泉」とは何を指すのでしょうか。

日本の温泉は「温泉法」という法律によって定められています。地中からゆう出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガスの温度が25℃以上あれば温泉となり、25℃未満であっても各種イオンやラドンなど特定の物質が規定量含まれていれば温泉となります。条件を満たせば水蒸気やガスも温泉になるのです。

また私たちが入浴している温泉のほとんどは、雨や雪が地中にしみ込んで何年か後に温度や成分などを得て、再び地上に出てきた「循環水」であることが明らかになってきました。このように私たちは大いなる自然の力を借りて温泉を楽しむことができるのです。

あったかゆったり湯めぐり気分!薬用入浴剤「旅の宿」

クラシエ旅の宿

今回紹介する「旅の宿」は1986年発売のクラシエのロングセラー商品です。皆さん一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?発売以来なんと24億8千包を消費者に届けてきました。これをつなげると地球8周分の長さにも及びます。どれだけ旅の宿がお客様に愛されてきたかわかりますね。

懐かしい版画絵のパッケージは、木田安彦画伯が描いています。古くからの日本独特の原風景が、「旅の宿」の世界を演出しています。そして旅の宿シリーズパックでは「登別、草津、箱根、白浜、別府」の5つの名湯を楽しめます。また、ピンク色のパッケージは「とうめい湯」、オレンジ色が「にごり湯」、緑色が「しっとり湯」と3種類のラインナップがあるので、お好みのものを選びましょう。

旅の宿の成分と効能

クラシエ旅の宿

旅の宿には、名湯と呼ばれるほとんどの源泉に含まれている「メタケイ酸」が配合されています。「温泉に入ると肌がつるつるになる」と言われるのはこのメタケイ酸のはたらきによるもの。メタケイ酸には、温泉の美肌効果やうるおい効果があるといわれており、皮膚の持つみずみずしさを保つ成分なのです。

また、体を芯まで温める「炭酸水素ナトリウム」を含む温泉ミネラルも含まれています。温泉で体がポカポカ温まるのはこの成分のおかげ。その他チンピ、トウキなどの漢方に含まれる生薬も配合しているため、疲労回復、肩こり、冷えなどに効果が期待できます。

そして、本物志向の配合成分とともに五感をくすぐるのは「香り」です。旅の宿は温泉の持つリラックス感にこだわり、特有の香りに注目。日本全国の有名温泉の源泉水を分析した結果、温泉地近郊の豊かな自然資源が温泉の元だったことが判明しました。「温泉含有香気成分」を配合したことで、香りから本格的な温泉の雰囲気が楽しめます。

旅の宿を使ってみた感想

クラシエ旅の宿

旅の宿には、計15包の入浴剤が入っています。5ヶ所の名湯が3包ずつ入っていますので、惜しみなく存分に楽しめます。

封を切った途端に広がるのは名湯を思わせる爽やかな香り。入浴剤はサラサラとした粉状の質感で、お湯に入れるとすぐに溶け始めます。手でかき混ぜ、簡単に作れるのも好印象。

湯船に浸かってみると、お湯がとても柔らかいことに驚きます。同時に清々しい香りを吸い込むことで、目を閉じるとまるで温泉地にいるような錯覚を覚えるほど。5種類の入浴剤はどれもクセがなく、来客時にも重宝しそうです。お子様からご年配の方まで、万人受けする香りです。

旅の宿の良いところは、入浴剤の持つ効能だけでなく、自宅で気軽に温泉気分が味わえることです。そして湯から上がった後も、しばらく体がポカポカしていました。これはかなりの高評価。

旅の宿は、日頃から冷えや疲労感を感じている方にぜひ使っていただきたい商品です。冷えは万病の元ですので、毎日の入浴で改善できたら嬉しいですよね。また、肩こり、腰痛などに悩まされている方にもオススメです。温泉ミネラル成分や生薬から筋肉がほぐれ、痛みの緩和にもつながるでしょう。

旅の宿を使った効果的な入浴方法

クラシエ旅の宿

寒い浴室に入るのは勇気がいるもの。入浴前に浴室を温められるといいですね。浴室暖房がない場合には、湯船の蓋を開けておくことも有効です。しばらくシャワーを出しておいても浴室が暖まります。

浴室に入ったら湯船から湯をすくい、手足から掛け湯をして体を温度に慣らしましょう。掛け湯により旅の宿の香りが広がりいっそうリラックスできます。その後、体や頭を洗い湯船に浸かります。

湯船には足からゆっくり入り、まずは半身浴で体を慣らします。お湯の暖かさに慣れてきたら肩までゆったり浸かりましょう。最後はお風呂上がりに水を飲むことをお忘れなく。入浴は意外にもたくさんの汗をかくので、飲水により脱水症状が防げます。

クラシエ 旅の宿 まとめ

昨今の状況下で温泉旅行もままならない昨今。長期化する自粛生活で人々のストレスも溜まっています。そんな時は旅の宿を使い、おうちで簡単に温泉巡りの旅に出ませんか?自宅で温泉気分を味わえば、心も体もほぐれ明日への活力が湧くに違いありません。慌ただしく過ごしていた日々にはできなかった、ささやかな自分へのプレゼント。世界一と言われている日本の名湯を、ぜひ堪能してください。

(参考)クラシエ 旅の宿
(参考)日本温泉協会 温泉名人

PROFILE

シュワちゃん
シュワちゃん炭酸入浴剤のセカイ 編集長
不動産販売・管理・経営を経て、某コンサルティング会社役員。現在30歳。日々の業務に忙殺され、自分を見失いかけていた頃に炭酸入浴剤「ホットタブ」と出会う。入浴、睡眠、体調管理の重要性を知り、炭酸入浴剤のセカイへ。保有資格:入浴検定、宅地建物取引士、管理業務主任者
ベストオブ入浴剤:薬用ホットタブ重炭酸湯

一緒に読まれている記事

  1. おしゃれなお風呂

    【目的別】プレゼントに喜ばれる入浴剤のおすすめ&選び方!小さなギフトか…

  2. 花王 キュレル 入浴剤

    [口コミ]花王「キュレル」入浴剤で冬場の乾燥・敏感肌を耐えしのげるのか…

  3. お湯物語 贅沢泡とろ入浴剤(牛乳石鹸)

    [口コミ]贅沢泡とろ(牛乳石鹸)入浴剤でバブルバス体験!美容成分だらけ…

  4. 温泉の素 油谷湾(ゆやわん)温泉の湯

    [口コミ]温泉の素「油谷湾の湯」入浴剤で山口県の名湯が自宅で楽しめる

  5. 温素 琥珀の湯

    [口コミ]温素 琥珀の湯が癖になる!モール泉を再現した入浴剤って実際ど…

  6. 花王 ビオレu 角層まで浸透 バスミルク

    [口コミ]ビオレuうるおいバスミルク入浴剤の効果と成分を実際に浸かって…

編集部イチオシ 最近の記事
  1. バスルーム_イメージ
  2. 押上温泉 大黒湯
  3. お風呂学習ポスター 8種類セット お風呂ポスター(数字 九九 日本地図 世界地図 ひらがな カタカナ 漢字 アルファベット
  4. バスオイルイメージ
  5. 長湯温泉
  6. 主たる炭酸入浴剤
  7. 薬用ホットタブ重炭酸湯_正面
  1. タオル
  2. 別府街並み
  3. 長湯温泉
  4. サウナイメージ
  5. バラ風呂
  6. 鳥居清長作「女湯」
PAGE TOP