お風呂の基本知識

敏感肌・乾燥肌の方必見!入浴剤の成分表示の見方・ルール!

今では「インスタ映えする入浴剤」など、入浴剤のパッケージに力を入れた商品が増えていますが、肌に直接触れるものを「見た目で選ぶ」というのは本末転倒です。もちろん、「バスタイムを楽しい時間に使う」という点では、非常に重要なこと(精神的な要素は美肌やリラックス効果に大きく関係する)ですが、最低限成分に対する理解を頭に入れておかないと、思いがけない肌トラブルに見舞われます。

ここではその全成分表示の基本的な見方と規則性、入浴剤メーカーがどのように成分の記載の羅列を決定しているのか「成分表示3つのルール」として解説していきます。

ルール①:成分は配合量が多い順番に記載される

温泡(ONPO)ナチュラルシトラス全成分表示

温泡(ONPO)ナチュラルシトラス全成分表示

成分表示を見る上で大原則とも言えるもので、多くの方がご存知だと思います。成分表示は配合量が多いものから記載され、徐々に少なくなっていく方式です。

また医薬部外品の場合は、「有効成分」として一番最初に記載することができます。医薬部外品ではない場合、単純に配合量の多い順に記載されます。上図のアース製薬「温泡(ONPO)ナチュラルシトラス」の場合、「炭酸水素Na」「乾燥硫酸Na」「炭酸Na」が有効成分であることが分かります。

ルール②:配合量が1%未満のものは順不同

配合量が1%以下の成分は、順不同で記載されます。成分表示はその化粧品のイメージを消費者に印象付けるものでもあるため、化粧品会社によって何を推していきたいのかこの1%以下の記載方法で見えてくるものもあります。

例えば化粧品などの場合、ほとんどの成分が「1%以下」の配合なので実は成分表示というのは水以外の成分はバラバラに書かれていると思ってもらっても差し支えない面もあります。

特に植物エキスなどのエキス類、ヒアルロン酸・コラーゲンなどの水溶性保湿成分、品質維持剤(キレート材)、防腐剤(パラベン・フェノキシエタノール)は、1%以下の配合で十分にその効果が期待できるものとなっています。しかし、防腐剤などはイメージが悪いため多くの場合末尾近辺に記載し、目立たないように書かれていることが多いのですが、実際は植物エキスやヒアルロン酸などと同じ配合量なのです。

しかしそれが良い・悪いということではありません。それについて以下で解説しています。

成分の配合量が多ければ「効果が高い」とは限らない

例えば、「炭酸水素Na」「炭酸Na」は、炭酸入浴剤に含まれる一般的な成分です。炭酸の効果を味わうためにはこの成分がなくてはなりません。しかしこの成分が大量に含まれていれば、炭酸入浴剤として優れているかと言えばそうではありません。

これに関わらず、その成分が力を発揮するためには適量が存在し、安易に濃度にこだわった入浴剤の選び方をしてしまうと、思った効果が得られないということもよくあります。

例えば、私は調味料の中で山椒がとても好きなのですが、山椒をうなぎに山盛りにかけてしまったらどうなるでしょうか。むせてしまって食べることもできないでしょう。もちろん、濃度が薄ければ効果も期待できませんが、「隠し味」として他の成分を活かす働きをしてくれる場合もあります。あくまで「適量」が存在するということを覚えておいてください。またその適量の判断は「基材」がとても重要になります。

基材

基材とは、その成分を支えるための材料、つまり炭酸水素Naが1%の配合であれば、残り99%が基材です。99%の配合バランスが炭酸水素Naの効果を引き出す鍵となります。先程の山椒の例で言うと、基材は白米・うなぎ・タレなどをいいます。山椒だけではなく基材らがそれぞれ適量を守らないと全体のバランスが悪くなるのは理解できるでしょう。

成分の配合目的を分析する

例えば、エタノールやメントールなど、特に化粧品の場合は10%近く配合するものも多く見受けられます。しかし、エタノールやメントールは、ただ単にスースーさせる・清涼感を持たせる、そんな清涼材目的で配合されるものだけではなく、成分同士を混ぜ合わせるための溶剤として含まれたり、植物エキスの抽出溶媒として使われるケースも多くあります。

ですから、エタノールなどの感触が嫌いな方で、成分表示を見たときにそれを見つけてすぐ敬遠するのではなく、それが何の目的で配合されているのか把握するようにすると視野が広がります。エタノールが1%以下の配合であれば、強い清涼感などは全くわかりません。またエタノールやメントールが1%以下の配合の際は、明らかに末尾近辺に記載し、それが清涼剤目的の配合ではないことが分かるようにしています。

入浴剤については、塩素をカットするために入れている成分などもあります。例えば「ビタミンC」や「クエン酸」などは、成分表記の上で「美肌」を連想する成分ですが、実は塩素を取り除く目的で含まれているケースも多いです。「ビタミンCが入っているかた肌にいい!」と思うのは、当たらずとも遠からずですが浅い知識と言えます。

はっきり言って濃度はわからない

「1%未満」だとか「基材」などと述べましたが、実際のところユーザーが成分濃度を知る・測るということは不可能です。というのも、入浴剤には「成分濃度」の記載は義務付けられていないからです。これは入浴剤が「医薬品」ではないことも理由の一つです。

成分濃度については各メーカーを信用するしかなく、自分の経験則によるパッチテストの判断や、当サイトのようなレビューサイトによって、肌に合う・合わないを考えるしかありません。

ルール③:香料・着色料は末尾に記載

バブメディキュア香料・着色料

バブメディキュアAa1裏面パッケージ記載

「香料」というのは、1種類のそれを配合しているのではなく、いくつもの成分を混ぜ合わせて作り上げたものが「香料」です。配合としては全体の1%以下ではありますが、他の成分のようにそれ単体で安全・危険・効果がある・ないを判断できるものではないため末尾に記載しています。

また、悪質なメーカーは、香料の中に都合の悪い成分を「隠す」ことをします。

「無添加」「敏感肌に」などとPRした入浴剤で、香料以外の全成分バランスの成績がよければそれは疑って見るべきでしょう。

着色料(赤102・黄4など)については、その配合量に関わらず末尾に記載することとなっています。色素は安全性のあるものしか配合できないもの(法定色素)となっていますが、あまりにもイメージが悪いため化粧品においてはほとんど使われることがなくなりました。しかし入浴剤においては、目から入る情報として「カラーテラピー効果」が期待されリラックス効果があるとしてまだ浸透しています。

例えば、内服薬などにおいても色素は使われているのですが、イメージの問題で嫌煙されがちな成分です。

色素としての目的で配合されている成分の見極め方

着色料として知られているのは「赤201」「黄203」「青1」などといった、その成分の名前からもはっきりわかる色素成分だけではありません。

例えば酸化チタン、酸化亜鉛、シリカ、タルク、オウレンエキス、リボフラビン(ビタミンB2)、シアノコバラミン(ビタミンB12)など、美容成分としての働き以外に併せて着色料としての効果を持つような成分で、明らかに「色素目的」の配合である場合には全成分表示の末尾に記載しなければいけません。

つまり、一見して着色料が配合されていないような化粧品においても、着色効果も持っている成分が入っている場合はその目的が異なるということです。

成分表示が分かるようになると入浴剤選びが楽しくなる

このように、入浴剤の成分表示は意味があって記載・並列されており、その分析ができるようになると化粧品の本質も見えてきます。

しかし、記事中でも解説しましたが、入浴剤は医薬品ではないため厳密な濃度というのは知り得ません。「1%以下」といっても、例えば今お手持ちの入浴剤の100分の1はその成分で占められていると考えると、それが20も30も積み重なって・・・と考えると、なんだか1%も結構な配合量だと感じてきませんか?

ただ、無意味に・雑多に成分を配合するということはありませんし、少なくとも日本で売られている入浴剤であれば一定の安全基準は得られますが、肌というのは何に反応し、皮膚トラブルに発展するのかわかりません。また悪いことを考えているメーカー(あなたの肌のことを考えて作っていない会社)はたくさん存在します。

そういったときにもこうした最低限の知識を押さえておくというのは重要であると思います。

参考:日本化粧品工業連合会

PROFILE

シュワちゃん
シュワちゃん炭酸入浴剤のセカイ 編集長
不動産販売・管理・経営を経て、某コンサルティング会社役員。現在30歳。日々の業務に忙殺され、自分を見失いかけていた頃に炭酸入浴剤「ホットタブ」と出会う。入浴、睡眠、体調管理の重要性を知り、炭酸入浴剤のセカイへ。保有資格:入浴検定、宅地建物取引士、管理業務主任者
ベストオブ入浴剤:薬用ホットタブ重炭酸湯

一緒に読まれている記事

  1. 子ども

    新米パパが赤ちゃんをお風呂に入れるコツ!塩素は気にするべき?洗い方は?…

  2. 浴槽イメージ

    入浴剤の効果と正しい選び方!入浴剤は「ぜいたく品」ではなくお風呂に必須…

  3. タオル

    世界共通語「OFURO」~日本と海外のお風呂習慣 どうしてこんなに違う…

  4. お風呂でリンパマッサージ!足・顔のむくみを自宅で改善できる美活テクニッ…

  5. バラ風呂

    【バラ風呂の効果】世界3大美女も愛用!自宅バラ風呂の楽しみ方&入浴剤の…

  6. 試験管で残留塩素濃度を調べた

    お風呂やシャワーのお湯を塩素中和・除去する効果とその方法

編集部イチオシ 最近の記事
  1. バスルーム_イメージ
  2. バスオイルイメージ
  3. 長湯温泉
  4. 薬用ホットタブ重炭酸湯_正面
  5. 押上温泉 大黒湯
  6. お風呂学習ポスター 8種類セット お風呂ポスター(数字 九九 日本地図 世界地図 ひらがな カタカナ 漢字 アルファベット
  7. 主たる炭酸入浴剤
  1. タオル
  2. 別府街並み
  3. 長湯温泉
  4. サウナイメージ
  5. バラ風呂
  6. 鳥居清長作「女湯」
PAGE TOP