お風呂・バスグッズ

香り_image

香料入り入浴剤は肌に悪くシミを作るって本当?無香料とどっちがいい?炭酸入浴剤は無香料がベスト。

ドラッグストアや雑貨店に足を運ぶと様々な入浴剤が並んでおり、「ローズ」「シトラス」「クールミント」「フルーツ」など多くの香料を含んだ商品が並んでいます。もちろん「無香料」もあります。

この香料の安全性については、当然、無い方が良いとされています。しかし、含まれていることが完全に悪ということはありません。

昔は香料が原因で肌にシミを作ってしまうようなアレルギー反応を起こす報告もありましたが、昨今の目覚しい化粧品・入浴剤技術の進化によってかなりの低アレルギー化が進んでいます。むしろ「香料の持つスキンケアとしての効果」に注目が集まり、「無香料商品こそ正義」とは言えなくなってきています。

しかし、それを悪用している会社もまた増えてきており、香料に対する理解は入浴剤、化粧品を使う全ての人に深めて欲しいと思っています。

香料入り入浴剤は肌にどのような影響を与えるの?

「香粧品」という言葉があるように、化粧品と香料は昔から密接な関係があります。入浴剤でも、いわゆるアロマテラピー効果を期待して、入浴される方の満足度やリラックス効果を高めます。

特に西洋に伝わるアロマテラピー(芳香療法)としての薬理効果は昨今最も注目を浴びている分野とも言え、精油の研究も進んでいます。しかし精油は数が特に多いため、危険性を持つものも確認されています。ただ少なくとも入浴剤や化粧品に配合されている香料については、その「危険性」を心配するよりも、通常の美容成分のように「安全性」に注目し、もっと楽しみながら・気楽に選ぶことをおすすめします。

具体的には入浴剤に含まれる香料に対し次のような効果が期待されます。

  • 鎮静効果(リラックス効果)
  • 高揚効果(リフレッシュ効果)

香料を含んだ入浴剤を使用し続けると、自律神経や内分泌系に影響を与え、心理的な要因から現れる肌トラブル(肌荒れ・ニキビ・乾燥・脂性)が減少したという科学的データも確認されました。

特に「バラ」については、バラの持つ香気成分に心理的ストレスに伴う皮膚バリア機能の低下を特に抑えるという研究報告があります(香りの分析と香りの効果効能について|高砂香料工業㈱ 櫻井和俊)。

香料の危険性

バブメディキュア香料

バブメディキュアAa1裏面パッケージ記載

香料とは、たったひとつの「香料」という成分があるわけではなく、雑多な香り成分・精油を組み合わせ、入浴剤としての商品イメージに合わせた香りに仕上げています。

「香料は危険」または「香料は安全」と一概に言うことができないのは、開発者ですらその反応を確固たる自信で公表できないほど成分の配合が複雑であるからです。またある基材の嫌な香りをマスクする(隠す)ためにわざと配合し、使用感を高めるためなど目的・意図があって含まれます。

ただ、今の技術は、香料としての「香り」を残しながらアレルギーの低分子化にも成功しており、アレルギーを持っている人でも肌トラブルの発生リスクが非常に少ないものとなっています。かつて化粧品などにおいてはアレルギー反応のリスクを勘案していなかったためにシミや肌荒れ、皮膚炎の原因となったといいます。今の技術においてもそれは100%ではないため、どうしてもアレルギー反応が怖い、過去そうした経験があるという方は医師の診断後に使用されるといいでしょう。

しかし、この性質を悪用し、都合の悪い成分を「香料」と一括りにして含ませてしまうこともできます。これが香料の最も怖いところ。

また入浴剤、特に炭酸入浴剤で言うと、投入後すぐにシュワシュワと空気中に発泡しますよね。この発泡によって炭酸ガスと共に香り成分もはじけ、それを吸い込むことでむせてしまったりする危険もあります。特に小さいお子様だと、入浴剤が溶け切る前に(炭酸入浴剤が発泡しているところを見たい)お風呂に入りたがる子も多いと思います。そういった場合、香料入りの入浴剤は注意しなければいけません。

無香料の効果

無香料とは、「香料を含んでいない」ことを意味します。従って、成分独自のニオイというのは存在しますので、「無臭」とは異なります。

香料入りの場合、「入浴」という化粧品とは異なり全身を包み込むわけなので、肌にとってのリスクを考えれば、香料入りとどちらが安全か?という問に対しては「無香料」が該当します。理由は、香料の反応による肌トラブルのリスクが「ゼロ」であること、余分な成分が含まれておらず肌にかかる負担が少なくなること、配合されている全ての成分が把握できることなどが挙げられます。

例えば、同じタイプの入浴剤・同じ配合で、無香料と香料入りのものを比べれば、無香料の方が安全性は高く、敏感肌などの方には好まれます。しかし、前半でお話した香料が持つ効果については当然ながら期待できません。

香料は無意味に含まれているわけではない

香料に伴う危険性が取沙汰されると、どうしても無香料の入浴剤ばかりに目がいってしまいますが、それなら全てのメーカーが香料などという「オプション」としての成分を含むはずがありません。危険性が広まってもなお含ませる理由があるということです。

特に皮膚・肌というものは精神の状態によって非常に左右されます。またニオイの効果は、脳に非常に響きやすく自己暗示効果もあるため入浴剤に含まれることでやすらぎと美意識が高まり、肌質も改善するといいます。

リスクについてはそこまで神経質になるところではありませんが、香料にこだわりがなければわざわざ香料入りの入浴剤を購入する必要はないと言えます。例えば、お湯を汲んだ桶に、アロマを数滴たらせば、それで十分お風呂場に香りが充満します。事実それだけで香料入りと無香料の入浴剤に差はなくなります。加えて、特に市場に多く出回っている炭酸入浴剤については、そもそも配合のバランスで異臭を持ってしまうものではないため、無香料炭酸入浴剤のにおいが気になるということも未だ聞いたことがありません。

個人的には無香料以外選択肢にありませんが、どちらが良い・悪い、優れている・劣っている、という話ではなく、自分が気に入ったもの、使っていて心地よいと感じるものが、日常的に使う入浴剤として最良のものだと思います。

おすすめ香料入り入浴剤

おすすめ無香料入浴剤

PROFILE

シュワちゃん
シュワちゃん炭酸入浴剤のセカイ 編集長
不動産販売・管理・経営を経て、某コンサルティング会社役員。現在30歳。日々の業務に忙殺され、自分を見失いかけていた頃に炭酸入浴剤「ホットタブ」と出会う。入浴、睡眠、体調管理の重要性を知り、炭酸入浴剤のセカイへ。保有資格:入浴検定、宅地建物取引士、管理業務主任者
ベストオブ入浴剤:薬用ホットタブ重炭酸湯

一緒に読まれている記事

  1. アーユルタイム シックスタイムズコレクション

    [口コミ]AYUR TIME(アーユルタイム)バスソルトが凄い!バスク…

  2. Dr Teal's(ティールズ) フレグランスエプソムソルト ラベンダー 入浴剤

    [口コミ]Dr.Teal’s(ドクターティールズ)エプソム…

  3. 花王エモリカ 薬用スキンケア入浴液 フローラルの香り

    [口コミ]エモリカ(花王)入浴剤で乾燥対策!キュレルとの違いやおすすめ…

  4. 乾燥肌におすすめ!しっとり肌へ導く「バスオイル」の効果と使い方を解説し…

  5. バスオイルイメージ

    バスオイルで肌の乾燥を予防!潤い効果や使用方法を知ろう

  6. 精油イメージ

    オリジナルバスオイルで癒し効果UP!お風呂におすすめの精油&作り方を紹…

編集部イチオシ 最近の記事
  1. 主たる炭酸入浴剤
  2. バスルーム_イメージ
  3. 薬用ホットタブ重炭酸湯_正面
  4. 長湯温泉
  5. 押上温泉 大黒湯
  6. バスオイルイメージ
  7. お風呂学習ポスター 8種類セット お風呂ポスター(数字 九九 日本地図 世界地図 ひらがな カタカナ 漢字 アルファベット
  1. タオル
  2. 別府街並み
  3. 長湯温泉
  4. サウナイメージ
  5. バラ風呂
  6. 鳥居清長作「女湯」
PAGE TOP