お風呂・バスグッズ

バスソルトイメージ

バスソルトの凄すぎる効果と魅力!おすすめバスソルト(塩)&秘密の入浴方法も伝授!

お風呂に入れる「塩」、入浴剤の一種として人気があるのが「バスソルト」です。主に入浴剤として利用されるのが一般的なバスソルトのイメージですが、それだけではない嬉しい効果魅力が沢山あります。また、「自然からの恵み」を堪能できるバスソルトの香りには、心地よさが豊富に含まれており、単なる入浴剤ではありません。

入浴剤は、医薬品・医業部外品(薬用)・雑貨・化粧品に分類されており、「バスソルト」は雑貨・化粧品になります。そのため、本当は効果があるのに、効果が謳えないものがたくさん含まれています。

入浴は、私たち日本人にとって馴染み深いもの。私たちの体は、冬だけでなく「春・夏・秋」の季節の変わり目なども冷えきっています。冷え性予防と改善、体の芯から温めることでの保温効果はとても大切なケアのひとつです。バスソルトにある効果で「身体の不調を軽減」だけでなく、「心(精神)の癒し」も実感してみてください。バスソルトのすごすぎる効果、自らの癒し効果もある「秘密の入浴方法」も交えてご紹介させていただきます。

バスソルトの主要な効果

バスソルトを入れることで、お湯の浸透化が変化します。浸透化によって体からは水分が出て行こうとし「新陳代謝」が活発になることで様々な効果が期待されます。また、漢方成分やアロマ成分が含まれているバスソルトには、心(精神)を癒してくれる効果もあります。

  • 保温
  • 美肌(お肌の調子を整える)
  • 血行促進
  • 冷え性対策
  • むくみ
  • ダイエット
  • デトックス (デトックス:体内の毒素を汗により取り除く)
  • リラックス
  • 浄化

バスソルトの種類

「バスソルト」には、天然塩エプソムソルトの2種類があります。

天然塩(死海の塩 デッドシーソルト)は、岩塩など天然の塩となるバスソルトで、保温・血行促進・冷え性・ダイエット・浄化などの効果が期待されます。

硫酸マグネシウムから取れるバスソルトのエプソムソルト(ソルトという名前ですが塩分は含まれていません)には、保温・血行促進・デトックス・むくみ・リラックスなどの効果が期待されます。日本では、シークリスタルスなどがバスソルトとしてよく知られています。

また、「アトピー」に悩む方へもおすすめ。バスソルトに含まれる「ミネラル」には、なめらかな肌質へ変化していく効果があります。必要な効果、そのときの気分で使い分け「入浴」での時間に癒されながら楽しめるのがバスソルトです。

バスソルトの効果を高めるための方法

バスソルトイメージ

バスソルトを利用しての入浴の際、最大限効果を引き出すため、以下のことを守って使用するようにしましょう。

①入浴前にしっかりと水分をとる

バスソルトを入れると、最初は驚くほどの汗が出ます。バスソルトを使うことで一番わかりやすい体の変化が「発汗量」です。長時間の入浴であればミネラルをウォーターを持ち込むなど、水分不足にならないよう気を付けてください。

②適したバスソルトの量

《300Lの浴槽に8割ほどの注水の場合》

毎日の入浴
「バスソルト」40~100グラム:温泉に例えると「単純温泉」のような濃度です。

高濃度温泉として楽しむ入浴
「バスソルト」300~400グラム:死海ミネラルで「高濃度温泉に近く」して温泉のように楽しめます。反復浴に効果的ですがのぼせないように気をつけてください。

③お湯はぬるめでゆっくりと浸かる

バスソルトで浸かる際のお湯の温度は「38℃」が適温です。熱いお湯ではなく「ぬるめのお湯」での入浴で効果がより期待できます。高い温度での入浴は「汗をかきすぎる」ことでバスソルト(ミネラル浴)の効果が減少します。

  • ミネラル入浴が初めての方:3~5分
  • 2回目以降:6~13分
  • 15分:ミネラルを皮膚から吸収させる効果に最適

「バスソルトは長くゆっくり半身浴で楽しむもの」と誤解している方も多いのですが、科学的に見ても15分以上の長湯に健康効果は薄く、熱いお湯を我慢して浸かり続けることも、単なる脱水に陥るだけでおすすめできません。また半身浴の場合、湯船に浸かることで得られるお風呂の7大作用(温熱作用・静水圧作用・浮力作用・清浄作用・蒸気香り作用・粘性・抵抗性作用・開放密室作用)の全てが半減してしまうため、しっかりと全身浴で浸かるようにしてください。

滞ったエネルギーを浄化する入浴方法・心のケア

敏感な方は日常生活のなか、肩こりや身体の疲れを強く感じてしまいます。そういうときにご自身で出来る身近なものがバスソルトを利用する「入浴での浄化」です。私達がよく耳にする「盛塩」「お清め塩」での「浄化」の効果がバスソルトには備わっています。

入浴そのものにある「浄化」をさらにアップさせる効果があるため、文字通り「身を清めたい」方におすすめです。

バスソルトには「浄化」に必要とされる「香り」「塩」「水」という大切な3つがそろっています。「お気に入りのバスソルト」でゆっくりと入浴された後、滞っていたものが浄化され清々しい気持ちになっていることを実感してみてください。またアロマ(精油)を掛け合わせることで、よりリラックス、副交感神経優位なバスタイムを過ごすことができるはずです。

簡単にできる秘密の入浴方法

whitesage(お香)

浄化効果をさらにアップ

最近”ツイていない”というときに、浄化の代表となるホワイトセージの香りをプラスする方法です。「ホワイトセージ(セージも可)」の強い浄化の力で、効果がより期待できます。

ホワイトセージは精油ではなく「お香」になります。

スピリチュアルアイテムとしても知られますが、バスソルトと掛け合わせることで、邪気を払い気の流れをよくしてくれます。危なくない場所、浴室ではなく洗面所など近くの場所が最適です。浴室のドアを少し開けておくことで香りをプラスすることができます。

花びらでリラックス効果をアップ

バスソルトにある香りと「花」の相性はとても有効です。バラの花びらを浮かべることで「目からの癒し」をプラスでき、リラックス効果がより期待できる方法です。

特に「バラ」については、バラの持つ香気成分に心理的ストレスに伴う皮膚バリア機能の低下を特に抑えるという研究報告があります(香りの分析と香りの効果効能について|高砂香料工業㈱ 櫻井和俊)。

足湯・手湯での効果

時間がないときなど、バスソルトを少し入れて手軽に楽しむ感覚で「足湯や手湯」をおすすめします。この場合も、ホワイトセージや花びらをプラスすることで同様の効果はあります。

手・足などの血管が集まる抹消を効果的に温めることによって、全身のめぐりを整えることができます。本当は全身浴でしっかり浸かりたいところですが、時間がないときはこちらもおすすめです。

入浴剤とは一味違う、バスソルトのセカイ

バスソルトを使用しての入浴には「心身のリセット」効果がとても高くあります。身体のケアと一緒に「心」の疲れもリセットしてくれる効果を実感してみて下さい。バスソルトでの入浴を続けることで「心身ともに」素敵になれますよ。

参考:一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会

PROFILE

シュワちゃん
シュワちゃん炭酸入浴剤のセカイ 編集長
不動産販売・管理・経営を経て、某コンサルティング会社役員。現在30歳。日々の業務に忙殺され、自分を見失いかけていた頃に炭酸入浴剤「ホットタブ」と出会う。入浴、睡眠、体調管理の重要性を知り、炭酸入浴剤のセカイへ。保有資格:入浴検定、宅地建物取引士、管理業務主任者
ベストオブ入浴剤:薬用ホットタブ重炭酸湯

一緒に読まれている記事

  1. 香り_image

    香料入り入浴剤は肌に悪くシミを作るって本当?無香料とどっちがいい?炭酸…

  2. クナイプトライアルセット

    [口コミ]療養泉の聖地ドイツで人気!Kneipp (クナイプ) のバス…

  3. バスオイルイメージ

    バスオイルで肌の乾燥を予防!潤い効果や使用方法を知ろう

  4. 花王エモリカ 薬用スキンケア入浴液 フローラルの香り

    [口コミ]エモリカ(花王)入浴剤で乾燥対策!キュレルとの違いやおすすめ…

  5. マックス汗かきエステ気分 シトラスジンジャー

    [口コミ]汗かきエステ気分(マックス)で文字通り滝汗!コスパ抜群の人気…

  6. アーユルタイム シックスタイムズコレクション

    [口コミ]AYUR TIME(アーユルタイム)バスソルトが凄い!バスク…

編集部イチオシ 最近の記事
  1. 主たる炭酸入浴剤
  2. 押上温泉 大黒湯
  3. お風呂学習ポスター 8種類セット お風呂ポスター(数字 九九 日本地図 世界地図 ひらがな カタカナ 漢字 アルファベット
  4. バスルーム_イメージ
  5. 薬用ホットタブ重炭酸湯_正面
  6. 長湯温泉
  7. バスオイルイメージ
  1. タオル
  2. 別府街並み
  3. 長湯温泉
  4. サウナイメージ
  5. バラ風呂
  6. 鳥居清長作「女湯」
PAGE TOP