お風呂・バスグッズ

乾燥肌におすすめ!しっとり肌へ導く「バスオイル」の効果と使い方を解説します。

いきなりですが「お風呂上りのボディケアをしっかり行えている」と、自信をもって言うことができますか?

面倒でついつい後回しになりがちなボディケア。ボディケアを怠っていると「気付いたら全身がカサついていた!」なんて悲しい結果になってしまうことも。乾燥してカサついた肌は、お世辞にも美しいとは言えないため、モチベーションも下がってしまいますよね。

「全身の保湿はしたいけど、ボディケアが面倒!」

というあなたには保湿力抜群の【バスオイル】がおすすめです。この記事では、バスオイルの効果や魅力と使い方を紹介しています。明日にでもすぐ実践できることなので、気になる方は最後まで目を通してみてください。

そもそもバスオイルってなに?

バスオイルイメージ

バスオイルとは、入浴時にお湯と混ぜて使用する保湿オイルのことをさします。精油(エッセンシャルオイル)をオリジナルにブレンドして使用する方も増えています。

「オイル=油」とイメージしてしまうと「お風呂がギトギトしてしまうのではないか」と思うかもしれません。確かに、オイルは水に溶けにくい性質があります。しかし「バスオイル」は入浴用に整えられているので、分離することなくお湯にしっかりと馴染んでくれます。また肌をしっとり包み込み、べたつきのイメージとは程遠いなめらかさを感じるはずです。なお、バスオイル以外のマッサージオイルやボディーオイルなどでは代用することは出来ないので注意。

バスオイルは、保湿成分である「ヒマワリ油」や「オリーブ油」「ホホバ油」などが配合されていることが多く、香りのバリエーションも豊富です。低刺激で肌に優しい植物由来の天然オイルなので、敏感なデリケート肌さんでも使用可能です。ただ、オリジナルで精油を使用する場合、書籍やネットに載っていないものを選ぶのは気を付けてください。精油は「自然天然成分」と言っても、その数は膨大で未解明のものも多く存在します。むしろ危険なものの方が多いため、必ずパッチテストは行うようにしてください。

バスオイルの効果と魅力

バスオイルの効果は大きく分けて2つあります。

まず1つ目は、全身をくまなく保湿できること。

手の届きにくい背中や、気になるガサガサのかかとも、しっとりとした肌へと導いてくれます。さらに、オイルによって肌が柔らかくなり、保湿成分の浸透力がさらに高まります。

2つ目は、リラックス効果があること。

男性や女性に関わらず現代人は、仕事や趣味、そして育児などで忙しい人が多いです。ホット一息つけるバスタイムは貴重な癒し時間ですよね。バスオイルに含まれるハーブや精油の深い香りで、極上のスパ気分を味わうことができます。また、疲労回復や睡眠の質を高めることにも繋がります。

ボディスクラブなどと違って、バスオイルを入れた浴槽に浸かるだけなので、面倒くさがりな人や初心者さんでも手軽にすぐ実践できるところが魅力ですね。浴槽が色付くタイプのものであれば、カラーテラピー効果で、目からも癒しを取り入れることができ、リラックス効果も倍増します。

バスソルト、バスミルクとの違いは?

バスグッズ色々

バスソルトとは、ミネラルをたっぷり含んだ「塩」のことをさし、入浴剤代わりに使用します。文字通り、体を「清める」ことで発汗作用を促し、主に冷えやむくみ解消、デトックスの目的で使われます。バスソルトとバスオイルでは用途が異なるので、気分によって使い分けることがオススメ。私は、ドイツメーカーの「クナイプ」をよく使用しています。

一方バスミルクは、低刺激で小さなお子様にも使用できる入浴剤です。主に疲労回復や保湿効果があります。ただ「バスミルクでは保湿力が物足りない」という人や「保湿効果を重視したい」という人には、バスオイルがオススメです。

バスオイルの使い方と注意点

上ではバスオイルの2つの効果を挙げましたが、効果を最大限に活かすために正しい使い方を知る必要があります。では、バスオイルの使い方と使用する際の注意点を紹介します。

バスオイルの使い方

  1. お風呂をわかす
  2. バスオイルを適量垂らす
  3. よくかき混ぜてから、入浴
  4. 入浴後は水分を拭き取る

バスオイルの使い方は、以上の4ステップです。効果的なお湯の温度はぬるめの38~40度で10~15分の入浴時間がベスト。

バスオイルを使用するときの注意点

商品の説明書を事前にチェック

商品によっては容量や用法が異なります。間違った量を投入していては、せっかくの効果も発揮されません。効果を発揮するためにも、使用する商品の適量を把握しておくと良いでしょう。

お湯は適温か、入浴時間は最適か

お湯が熱すぎると、ヒスタミンというかゆみに繋がる物質が出るので、乾燥を悪化させてしまうのです。また入浴時間が長いと、肌の水分を保ってくれるセラミド成分が流れ出てしまい、乾燥に繋がります。実は熱すぎるお湯や、長い入浴時間はかえって乾燥の原因となるので、要注意ですね。

追い焚きをしない、浴槽はよく洗う

追い焚きをすると、オイルが配管やフィルターなどに付着し、故障の原因になる可能性があります。加えて入浴後の浴槽は、オイルが付着したままにならないように十分に洗い流すことも重要です。

残り湯を洗濯に使用しない

オイルによっては、洗濯物に香りが強く残ったり、シミや黄ばみが付いたりする原因になりかねません。洗濯機の故障にも繋がる可能性もあるので、残り湯は使わない方が賢明です。

バスオイルまとめ

バスオイルは、お湯に入れるだけの時短保湿アイテムです。オイルの油分が肌を保護し、乾燥を防いでくれるのでお風呂から出てもケアいらず。面倒だったボディケアもこれひとつでしっとり肌へ導いてくれます。アロマのリラックス効果もあり、至福のバスタイムになること間違いなしですね。

様々なブランドから販売されていますし、香りのバリエーションも豊富なのでお気に入りのバスオイルが見つかるかも。乾燥肌に長年悩まされている人や、肌が弱い人にも是非チェックしてみてほしいアイテムです。

PROFILE

シュワちゃん
シュワちゃん炭酸入浴剤のセカイ 編集長
不動産販売・管理・経営を経て、某コンサルティング会社役員。現在30歳。日々の業務に忙殺され、自分を見失いかけていた頃に炭酸入浴剤「ホットタブ」と出会う。入浴、睡眠、体調管理の重要性を知り、炭酸入浴剤のセカイへ。保有資格:入浴検定、宅地建物取引士、管理業務主任者
ベストオブ入浴剤:薬用ホットタブ重炭酸湯

一緒に読まれている記事

  1. 入浴剤ギフトおすすめ20選!もらって本当にうれしい定番から本格入浴剤ま…

  2. バスオイルイメージ

    【おすすめ人気バスオイル3選】お風呂時間を優雅にするバスオイルの選び方…

  3. Dr Teal's(ティールズ) フレグランスエプソムソルト ラベンダー 入浴剤

    [口コミ]Dr.Teal’s(ドクターティールズ)エプソム…

  4. クナイプトライアルセット

    [口コミ]療養泉の聖地ドイツで人気!Kneipp (クナイプ) のバス…

  5. 精油イメージ

    オリジナルバスオイルで癒し効果UP!お風呂におすすめの精油&作り方を紹…

  6. 花王エモリカ 薬用スキンケア入浴液 フローラルの香り

    [口コミ]エモリカ(花王)入浴剤で乾燥対策!キュレルとの違いやおすすめ…

編集部イチオシ 最近の記事
  1. 押上温泉 大黒湯
  2. 長湯温泉
  3. お風呂学習ポスター 8種類セット お風呂ポスター(数字 九九 日本地図 世界地図 ひらがな カタカナ 漢字 アルファベット
  4. バスルーム_イメージ
  5. 主たる炭酸入浴剤
  6. バスオイルイメージ
  7. 薬用ホットタブ重炭酸湯_正面
  1. タオル
  2. 別府街並み
  3. 長湯温泉
  4. サウナイメージ
  5. バラ風呂
  6. 鳥居清長作「女湯」
PAGE TOP