温泉・銭湯・サウナ

別府街並み

【コンビニより温泉が多い町】大分県別府市の町の人々は温泉をどう見ている?

「別府」という街に、あなたはどのようなイメージをお持ちでしょうか?

湯煙が立ち上る情緒あふれる街並みや、浴衣姿でのんびりと歩く人たちを思い浮かべる人も多いでしょう。別府といえば国内1位の源泉数、さらには世界2位の湧出量を誇り、温泉とは切っても切れない土地です。今回はそんな別府で日々の暮らしを営む人達が温泉というものをどういう風に捉えているのか、現地の人たちの声も交えながらご紹介していこうと思います。

別府という町について

別府は九州東北部、大分県にある町で、県のほぼ中央に位置します。大分県で最も有名な市であると言っても過言ではないのですが、意外にもその広さは18の市町村中、下から3番目の小ささです。東京で言えば大田区と世田谷区を足した面積と同じぐらいです。

しかし、その経済規模は県庁所在地である大分市に次いで堂々の第2位を誇ります。このことからもいかに小さな地域で多くの経済活動が行われ、大分県にとって重要な位置づけであることがお分かりいただけるかと思います。そしてその別府の経済活動の源は何と言っても温泉。別府市は産業の9割が観光業に携わると言われているほど、温泉を活用した観光業に力を入れています。

コンビニより温泉のほうが多い

別府地獄めぐり・かまど地獄「三丁目」

別府地獄めぐり・かまど地獄「三丁目」

別府市を訪れた人たちがまず驚くのは、その温泉施設の多さでしょう。

別府では「5分歩けば何かしらの温泉が見つかる」と言うほど非常に入浴施設が多いです。ホテルや旅館なども立ち寄り湯が可能で、料金も300円から500円程度と非常にリーズナブル。ちなみに別府市はコンビニよりも温泉施設の方がはるかに多い街として有名です。

市町村別コンビニ店舗数によれば、別府市のコンビニは60店舗であるのに対し、温泉を有する宿泊施設は304とされています。

引用:アパマンショップ「大分県市区町村別 コンビニの数ランキング」
引用:2019年別府市観光動態要覧

さらに宿泊施設だけでなく、市営の公衆浴場や個人所有の温泉なども加わるので、別府市の中にどれだけ多くの温泉が存在しているかわかるでしょう。

入るだけが温泉じゃない 入浴以外の温泉活用法

別府市では温泉は入浴だけでなく、その他にも生活のさまざまな場面で温泉を活用しています。

温泉を調理に利用

別府市では自宅に直に温泉を引いている家庭も珍しくありません。蛇口をひねれば温泉が出てくるので、そのままお茶やコーヒーを沸かしたり、ご飯を炊いたり煮物を炊いたりと、様々な調理に利用されています。

中でも温泉の蒸気で様々な食材を蒸して作る「地獄蒸し」という調理法は非常にポピュラーで、多くの家庭や温泉旅館などで広く親しまれています。

温泉を暖房として利用

別府の旅館では温泉を入浴以外にも暖房として利用しているところも多くあります。お風呂の排湯を建物に張り巡らせたパイプに通すことで、放熱効果を利用した天然の暖房となります。また各部屋に直接パイプを引き、温泉熱を利用した暖房器具として活用しているところもあります。

このように別府という町は温泉が生活の隅々まで根付き、人々はその恵みを無駄にしないように様々な知恵を絞っているのです。

地元の人にとって温泉とは?

別府地獄めぐり・海地獄

別府地獄めぐり・海地獄

別府に暮らす人にとって温泉は特別なものではありません。生まれた時から当たり前に温泉が存在する地域の人々とそうでない人々では、温泉に対する考え方も変わってくるでしょう。

ここからは別府に暮らす人たちが温泉をどのように捉えているのか、直接現地の方に話を聞いてみたのでご紹介します。

生まれた時から当たり前にあったものだから子供の頃は特に特別だと感じたことはなかったですね。でも大人になって県外に引っ越した時、自分がどれだけ環境にいたのかを実感しました。
(20代男性)

僕にとって温泉は実家の母みたいなもの。あたりまえにずっとそばにいてくれるという感じです。自分の行きつけの温泉が枯れたり閉鎖したりしたらそれこそ母親を亡くしたのと同じ気持ちになりますね。
(40代男性)

温泉といって思い浮かべるのはあったかいというイメージですね。
別府は地域ごとにその地に根ざした温泉があって、近所のおじいちゃんやおばあちゃん達との憩いの場になっているんです。
だから温泉といえば体だけじゃなくて心までもあったまる場所という感じです。
(20代女性)

このように、別府の人々にとって温泉は単なる入浴利用ではなく、心の奥底に深く根差した存在であることがわかります。

日本有数の温泉地である別府ですが、まだまだ皆さんの知らない魅力がたくさんあったと思います。日常生活に疲れた時は是非別府を訪れて身も心もあっためてみてください。

PROFILE

シュワちゃん
シュワちゃん炭酸入浴剤のセカイ 編集長
不動産販売・管理・経営を経て、某コンサルティング会社役員。現在30歳。日々の業務に忙殺され、自分を見失いかけていた頃に炭酸入浴剤「ホットタブ」と出会う。入浴、睡眠、体調管理の重要性を知り、炭酸入浴剤のセカイへ。保有資格:入浴検定、宅地建物取引士、管理業務主任者
ベストオブ入浴剤:薬用ホットタブ重炭酸湯

一緒に読まれている記事

  1. 子どもと温泉・銭湯などの大きなお風呂に入る時の注意点と教育の方法

  2. 押上温泉 大黒湯

    都内の人気・おすすめ温泉9選!遠出せずとも癒しが手に入る高濃度炭酸泉&…

  3. 【犬の温泉入浴の効果と注意点】温泉好きは人間だけじゃない!愛犬と一緒に…

  4. サウナイメージ

    これであなたも「ととのう」!熱血サウナーが教えるサウナの効果的の入り方…

  5. 鳥居清長作「女湯」

    【温泉の歴史】江戸時代は病気の療養や健康回復(湯治)が目的だった!

  6. ご近所銭湯を120%楽しむ方法!コロナ渦の銭湯事情はどうなっている?

編集部イチオシ 最近の記事
  1. お風呂学習ポスター 8種類セット お風呂ポスター(数字 九九 日本地図 世界地図 ひらがな カタカナ 漢字 アルファベット
  2. 長湯温泉
  3. 主たる炭酸入浴剤
  4. 押上温泉 大黒湯
  5. バスルーム_イメージ
  6. バスオイルイメージ
  7. 薬用ホットタブ重炭酸湯_正面
  1. 別府街並み
  2. 長湯温泉
  3. サウナイメージ
  4. バラ風呂
  5. 鳥居清長作「女湯」
  6. 押上温泉 大黒湯
  7. お湯物語 贅沢泡とろ入浴剤(牛乳石鹸)
PAGE TOP