温泉・銭湯・サウナ

箱根小涌園ユネッサンのお風呂・温泉の種類を解説

お風呂が大好きな国、日本には温泉をテーマにした遊園地やテーマパークが各地にいくつもあります。そのひとつが、日本有数の温泉地として知られる箱根の有名なテーマパーク、「箱根小涌園ユネッサン」。

この記事では、ユネッサンの魅力あふれる個性的なお風呂の数々をご紹介します。

ユネッサンとは

メディアなどで目にする機会も多い温泉のテーマパーク、ユネッサン。まずはユネッサンの特徴や利用できる設備などを概観していきましょう。

ユネッサンの魅力

箱根観光と言えば、温泉をはじめ美術館や神社、自然鑑賞など大人っぽい楽しみ方をイメージする人が多いのではないでしょうか。そんな箱根の中でも、このユネッサンは異彩を放つ存在。まるで遊園地のように遊び心全開で、1日中アクティブに楽しめる希少なエンタメスポットなんです。

ユネッサンは、水着で遊ぶエリア「ユネッサン」と、お風呂を楽しむエリア「森の湯」に分かれています。それぞれ室内エリアと屋外エリアがあります。遊園地が大好きな子どもはもちろん、温泉にゆっくり浸かりたい年配の方まで、幅広い年代が楽しむことのできる施設です。水着エリアは地中海風のお風呂や「ワイン風呂」など、バラエティに富んだ名物お風呂がたくさんあることで知られています。バレンタインの時期の「チョコレート風呂」や夏の風物詩「ガリガリ君ソーダ」など、季節限定のお風呂も楽しみのひとつです。一方、裸エリアと呼ばれる森の湯は、本格的な温泉ゾーン。箱根の四季折々の美しい景色を見ながら入浴できるのが魅力です。

ユネッサンのお風呂に使われているお湯は、ほとんどが温泉というから驚きです。泉質はナトリウム塩化物泉。お肌に優しく保湿、保温効果に優れています。楽しく遊びながら、温泉でキレイになれるのは理想的ですね。

ユネッサンの施設

ユネッサンには超大型の駐車場が完備。1000台まで駐車可能です。料金は2時間まで無料、その後は1日1300円となります。

ユネッサンは手ぶらで気軽に訪れることが可能。受付の隣にあるショップ「ukiuki」では、浮き輪や水着の販売のほかに、レンタル品も扱っています。館内着はもちろん、水着やタオル類も貸し出ししてもらえるんです。(水着・タオルは有料)

レストランや休憩所も完備しており、一日ゆっくり過ごすことができます。
館内での支払いはキャッシュレス。レストランの利用や、オプションサービスなどもリストバンドをセンサーにかざすだけで完了するので、ストレスフリーで過ごせます。退館時に精算機にリストバンドを投入して、合計金額を支払うというスタイルです。

水着エリア「ユネッサン」の室内エリア

ユネッサンのメインエリアである水着エリアには、数々の個性的なお風呂が登場します。
室内エリアにある人気のお風呂をいくつかご紹介します。

神々のエーゲ海

ユネッサンのメインスパである「神々のエーゲ海」。開館当初からあるお風呂で、地中海をイメージしたユニークな作りです。

天井部分は澄み切ったブルースカイが描かれ、お風呂の周りはぐるりと神殿を思わせる建物に囲まれています。だまし絵のような雰囲気が特徴。室内にいながら地中海で泳いでいるかのような、開放的な雰囲気が味わえることでたいへん人気です。

本格コーヒー風呂

こちらのお風呂は、なんと本物のコーヒーが入っています!粗びきコーヒーを温泉でドリップして投入するというアイデアは、日本初。1日3回、挽きたてコーヒーをお風呂に入れる投入パフォーマンスが行われています。

ちなみに、コーヒーのフレーバーは薫りが良いだけではなく、疲労回復やリラックス、美肌効果も期待できるとされています。

ワイン風呂

SNS映えすることで評判の高い「ワイン風呂」。「ユネッサンワイン」と書かれた巨大なワインボトルが目印です。美しいワインカラーのお湯色で、インパクトも十分。一部には本物のワインが使われています。ワインは美を極めたクレオパトラや、メアリー女王も入浴剤として使用していたと言われています。「若返りの湯」として知られ、美肌効果があるとされているんです。

ボージョレー・ヌーボーの解禁後には「ボージョレー・ヌーボー風呂」という何とも贅沢なイベントが行われているんですよ。フランスのワイナリー、ラブレ・ロワ社のワインを使用するというこだわりも。ボージョレーの無料の試飲会も開催されるので、ワイン好きの方にはこの時期の訪問がおすすめです。

酒風呂

一部、本物の日本酒を使用しているのが「酒風呂」です。大きな酒樽から、日本酒がしたたり落ちる様子を見ることができます。お湯に浸かると、ほんのりと日本酒の良い香りが漂ってきます。和風の内装で外国の方にも人気の高いお風呂です。

化粧水などに使用されることもある日本酒。その日本酒を投入したお風呂は血行促進や疲労回復、美肌にも効果があると言われています。

ドクターフィッシュの足湯

個性的なお風呂の中でも特に人気が高いのが、「ドクターフィッシュの足湯」。1回数分の交代制で、行列ができることも多いスポットです。プールの中には歯のない小さな魚たちがいっぱい。足を入れるとすぐによってきて、かかとなどの古い角質をきれいに食べてくれます。少しくすぐったいですが、短時間でつるつるになるのは驚きます。

1回100円とたいへんリーズナブルに利用できるのが、メリットです。

屋外エリア

水着で楽しめる屋外エリアは子ども向けの遊具やウォータースライダーがあるなど、アクティブに楽しめるゾーン。ユネッサン自慢のアトラクションや、お風呂を見ていきましょう。

ロデオマウンテン

「ロデオマウンテン」は、メディアなどで必ずと言っていいほど取り上げられる大人気のアトラクション。大型のウォータースライダーには3つのコースがあり、それぞれスピードが異なります。水しぶきをあげながら急降下するのは大迫力の体験です。スライダーのスタート位置では、景色にも注目。箱根の美しい山々や、相模湾まで望む絶景を見ながら滑り降りるのは爽快。

ロデオマウンテンのお湯は温水を使っているので、夏場だけでなく一年を通して楽しめますよ。

洞窟風呂

ロデオマウンテンの下部にある「洞窟風呂」。スライダーの下にできた空間を利用して洞窟を作っています。少しほの暗い雰囲気で、探検気分を味わえること間違いなし。

超絶景 展望露天風呂

箱根の山々が織り成す美しい景色を見渡せる「超絶景風呂」。その名に恥じない絶景を、お風呂に浸かりながら全身で堪能できます。全長40mの巨大なお風呂から絶景を見下ろすのは、最高の贅沢。秋には山全体を染め上げるような紅葉も楽しめます。

森の湯

森の湯は、露天風呂や内風呂など8種類のお風呂を堪能できるエリア。温泉好きをうならせる、趣向を凝らしたお風呂の数々に注目です。

露天風呂

箱根外輪山を望む「露天風呂」。男湯、女湯共に寝湯やジャグジー、東屋が配置され、広々とした造りになっています。和風の庭園のような、王道をゆく露天風呂で、しっぽりと温泉を満喫したい人にぴったりです。

やわらかなオレンジ色にライトアップされる夜の表情も幻想的。夜の寝湯では星空を眺めながら入浴する、贅沢な過ごし方もできますよ。

微温浴

内湯の中で注目したいのが、「微温浴」。37~38℃のぬるめの温度設定のお風呂です。副交感神経を刺激し、リラックス効果を高める温度です。

コラーゲン風呂

女湯のみ設置されているコラーゲン風呂。コラーゲンの溶け込んだ乳白色の温泉です。とろんとした肌触りで、美肌効果も期待できるそう。女湯の中でも特に人気が高いお風呂です。

エンタメ要素満載の水着エリアに加え、森の湯では温泉をゆったりと楽しむ箱根らしい雰囲気も味わえるユネッサン。お風呂や温泉好きの人はもちろん、子どもや遊園地が好きな人にも大満足できるスポットです。

箱根の温泉に行ったことがある人もそうでない人も、温泉の新しい可能性や魅力を発見できるスポット、「箱根小涌園ユネッサン」へ出かけてみませんか。

PROFILE

シュワちゃん
シュワちゃん炭酸入浴剤のセカイ 編集長
不動産販売・管理・経営を経て、某コンサルティング会社役員。現在30歳。日々の業務に忙殺され、自分を見失いかけていた頃に炭酸入浴剤「ホットタブ」と出会う。入浴、睡眠、体調管理の重要性を知り、炭酸入浴剤のセカイへ。保有資格:入浴検定、宅地建物取引士、管理業務主任者
ベストオブ入浴剤:薬用ホットタブ重炭酸湯

一緒に読まれている記事

  1. 【犬の温泉入浴の効果と注意点】温泉好きは人間だけじゃない!愛犬と一緒に…

  2. 別府街並み

    【コンビニより温泉が多い町】大分県別府市の町の人々は温泉をどう見ている…

  3. 押上温泉 大黒湯

    都内の人気・おすすめ温泉9選!遠出せずとも癒しが手に入る高濃度炭酸泉&…

  4. 鳥居清長作「女湯」

    【温泉の歴史】江戸時代は病気の療養や健康回復(湯治)が目的だった!

  5. ご近所銭湯を120%楽しむ方法!コロナ渦の銭湯事情はどうなっている?

  6. 子どもと温泉・銭湯などの大きなお風呂に入る時の注意点と教育の方法

編集部イチオシ 最近の記事
  1. 主たる炭酸入浴剤
  2. バスオイルイメージ
  3. 押上温泉 大黒湯
  4. バスルーム_イメージ
  5. お風呂学習ポスター 8種類セット お風呂ポスター(数字 九九 日本地図 世界地図 ひらがな カタカナ 漢字 アルファベット
  6. 長湯温泉
  7. 薬用ホットタブ重炭酸湯_正面
  1. タオル
  2. 別府街並み
  3. 長湯温泉
  4. サウナイメージ
  5. バラ風呂
  6. 鳥居清長作「女湯」
PAGE TOP